2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.03 (Fri)

サヨナラおばーとぅん②

お通夜の日。
ありがたいことに相方と友人もかけつけてくれました。

友人は仕事の為翌日東京に帰らなければなりません。
そんな中来てくれました。

急ぎで来た為、私服でした。

叔母:「ねえねえ。」ヒソヒソ
妹:「?ん?」( ̄△ ̄)
叔母:「あの私服の人って。」
妹:「うん。」( ̄△ ̄)


叔母:「おばあちゃんのヘルパーさん?」
友人を ヘルパーさんと 勘違い。



s461


妹:「違うヨ!友達だヨ!」( ̄△ ̄|||)
叔母:「あ、そうなの!?」(=Д=;)

お通夜でボソボソなんかやってるなあと
思ったらこんな会話が繰り広げられてたらしいです。

なんやかんやでお通夜終了。
親戚などなどに挨拶し、相方のところへスタコラサッサ。
相方は喪服といえどスリムスーツだったようで
ビシッときまってました。

妹:「スーツいいですねー!」(* ̄△ ̄*)
母:「スーツ決まってるよ。」( ̄´□` ̄)
私:「スタイルいいからぶちゃいくな顔が余計浮くよね。」( ̄□ ̄)
妹:「顔を手で隠して見ればいいんだよー!」( ̄△ ̄)
母:ノーコメント。決して『そんなことないよ』とは言わない。
わざわざ岐阜から愛知まで仕事帰りに
来てくれた相方に対してこの仕打ち。

相方:「帰ります・・・。」(@∀@|||)
ボロくそ言われ帰る相方。背中が悲しみをしょってます。
そんなこんなでお通夜が全て終わり、
翌日も無事葬儀も終わりました。。

以上がお通夜・お葬式の様子でした。

亡くなる前にもっと話しておけばよかったなあと思います。
祖母が亡くなる前の最後の会話はなんだっただろうと
今思い出してみました。

祖母の部屋のクローゼットが壊れたので直してあげました。

私:「おばーとぅん直ったよー。」( ̄□ ̄;)ゼェゼェ
祖母:「ありがとうねえ。」( ̄/□ヽ ̄)


コレが最後に祖母と交わした言葉でした。

今後もしかして祖母の昔話など記事にするかもしれません。
生きてる間にもっと祖母のことを記事にすればよかったと今更後悔しています。
祖母も私がブログイラストをスケッチブックに描いている時
「あんたよくそんな細かいもん上手に描くねえ。」と
関心してくれていたので。

また機会があればかきたいと思います。

おばーとぅん天国で私のブログをぜひ見ててね。
何がかかれるかわからんよ。( ̄□ ̄)

祖母:「エーーッ!」Σ( ̄/□ヽ ̄|||)

スポンサーサイト
19:00  |  祖母

2010.12.02 (Thu)

サヨナラおばーとぅん①

先日祖母が亡くなりました。
まさかこんな急に亡くなるとは思ってませんでした。
通夜・葬儀も終わりました。
(ブログが毎日更新されていたのは予約投稿を
たくさんしてあったからです。)

ついこの間退院し、先日「体がえらいから入院する。」と
言い出し、再入院。
この時はそこまで悪くはありませんでした。
お医者さんが入院しろと言ったわけではないので・・・。
いつも入院している病院の病室が結構余っていたので入院できました。

そして入院して1週間も経たぬ内に
かえらぬ人となりました。

81歳でした。

私は最後の瞬間に立ち会うことができませんでしたが、
苦しむことなく亡くなったそうです。

記事にするか悩みましたが、
どんな様子でお通夜・お葬式が行われたかを
記事をかくことを決めました。
祖母は亡くなる前、『お葬式は普通にして、コレを・・・』と
元気な時から言っていました。

祖母に通夜・葬式を楽しく伝えられたらいいなあと思い、
記事をかくことにしました。供養になればいいなとも思い。(逆に怒るだろうか)
ネットすらできない祖母でしたけどね・・・。( ̄∀ ̄;)
お通夜・お葬式もみんなの傍で見てたかもだけど・・・。

それでは以下記事です。


祖母が亡くなり、通夜・葬儀の打ち合わせのため、
叔母・いとこ(長女)が我が家に来ました。

その時写真をどれ使おうという話になりました。
母:「おかあさんが昔からずっと『葬式にはコレを使ってくれ』って
   言う写真があるんだけど。」

そう言って祖母の部屋から持ってきたものは。


20年前の写真。


s460


長女:「コレは若すぎるでしょ!」
叔母:「今と顔がちがいすぎる・・・!」
母:「だってホラ・・・写真の裏に葬式の”そ”の字が・・・。」
叔母:「まあでも遺言だから仕方がないよね・・・。」

ということで若かりし頃(60歳代)の写真が遺影になりました。


つづく。

19:00  |  祖母

2010.08.15 (Sun)

祖母の夏バテ

祖母が夏バテしました。
まともに食べられず、病院で点滴を打っています。

「病院のベッドが硬くて点滴行きたくない。」。」( ̄/□ヽ ̄)
って贅沢言っております。

下痢もしていたので医者に言ったところ、
食べていいもの・ダメなものリストをもらったそうです。
我が家の食事はそれに基づき最近作られています。
祖母のだけ別で作るのめんどいからね・・・。
みんな同じものを食べてます。

ただそのリスト少々問題が。


食べてだめなもの=
私と妹が好きなものばかり。



s351
妹が着てるのはぶたさんTシャツ。

ハンバーグとか肉類がとにかく食っちゃダメらしい。
ささみとか脂質の少ないものはいいらしいけど・・・。

ううう。健康的でいいけど足りなくて
夜中にプリンとか牛乳もちを作って食ってます。

ちなみに牛乳もちはネットで見つけたレシピです。
小鍋に片栗粉・砂糖・牛乳を入れて混ぜ混ぜ。
中火にかけて木べらで混ぜて、固まりかけたら火からおろす。
少し弾力がつくまで混ぜる。
もっちもち~でハマってます!( ̄∀ ̄)~♪

ああ、祖母の記事なのに祖母がイラストに登場してないですね。
まあいいか。(すげえテキトー。)
ちなみに祖母は徐々に回復しつつあります。
カステラ・プリンと、おかゆ・おもちとクタクタに煮た野菜しか食えません。

18:00  |  祖母

2010.04.23 (Fri)

ちりちりくま(・(T)・)

祖母が私と妹にあみぐるみのクマを作ってくれました。
鼻と口は自分たちでつくりました。綿も自分で好きなだけつめつめ。

んで完成しました。
わー!きゃわゆいー!(* ̄д ̄*)ハフハフ

からだに綿詰めすぎでメタボっちゃったけど・・・。
おなかが丸すぎて何かにもたれさせないと座らない・・・。
まあコレも愛嬌!( ̄□ ̄)q

・・・・って、あれ?

なんか・・・。

グレーなのに・・・なんか。

黒いちりちりした糸が・・・。

ちり・・・ちり・・・。

って、まさか。

この『ちり』は。


祖母のちり毛・・・っっ!!


s237


抜け落ちた髪を一緒に編んじゃったみたいです。。

私:「おばあちゃんの髪がブレンドされちゃってるよぅっ。」(T□T)
祖母:「ああ、そう。おばあちゃんが死んだ時の形見で持ってって。」( ̄/□ヽ ̄)

形見・・・・・・。

余計コワイよ・・・!!(((|||゜д゜)))ガタガタガタ


左が妹のクマで右が私のクマ。ちり毛はうまく写らなかったデス・・・。
写っても怖いけど・・・。

amikuma

19:01  |  祖母

2010.03.18 (Thu)

バトルの原因

祖母とケンカしました。
その後、母が私を慰めてくれた時のこと。

私:「えうあうおう~!」(TДT)
母:「アンタこんなことで泣いとったら嫁げんよ。
   これくらい我慢せな結婚できんよ。」( ̄´□` ̄)
私:「同居なんかしないもん。結婚なんかしないもん~!!
   だから昔から結婚したくないって言ってるじゃん~!!
   ていうかおいら嫁じゃなくておばあちゃんの孫だし~!」(TДT)
母:「まあ、そりゃそうだけど。」( ̄´□` ̄)
私:「あ゙ゔえ゙ゔお゙ゔあ゙ゔ~~!!」(TДT)

なんだか結婚とか同居とか話がそれて重い話に発展しちゃってる
このケンカの原因はというと。


せ ん べ い ( 貰 い 物 ) 。 


s201


※大げさではなく、情けないことに事実に基づき忠実に描いたイラストです。
  ちなみにこの時私は翌日のお弁当の下ごしらえをしてたからフライパン持ってるのですヨ。



ハイ、くだらない!くだらなすぎる!(∩Д∩*≡*∩Д∩)カアアアッッ
(しかもこの時家着がわりにテニプリの氷帝ジャージとか着ちゃってるしね私!)

いや、、せんべいが悪いわけではないのですよ。
由緒正しき素晴らしいお店のせんべいだと思います。
ケンカの詳しい内容はバカバカしすぎるので書きませんが・・・。

祖母は怒り、私は泣きわめき、
妹は「あはは、泣いた~!」と手を叩きながら私を笑い、
母は部屋に閉じこもって泣く私を慰める。
そして猫は面白がって私の顔を覗き込む。

私:「もう81歳だから達観してるハズじゃん!
   なんでせんべいのこと言われただけで
   あんなに言ってくるのおおう!?」(TДT)

そこで母のお言葉が降り注ぎました。

母:「みんながみんなそうじゃないけどね。
   お年寄りはね、年齢を重ねるたびに子供に戻っていくんだよ。
   達観なんてしないんだよ。アンタ将来相手のご両親と同居する
   かもしれないんだから、それだけは覚えておきな。」( ̄´□` ̄)

『お年寄り 達観せずに 子供に還る』 by母( ̄´□` ̄)

そ、

そ、

そ、

『そんなこと悟れる菩薩の心なんか
 持ち合わせてないもおおおんっ!!』(T□T)ピギャーッッ!!


と、

その時思ったのでした。そして1時間もの時間をついやしようやく泣き止むワタクシ・・・。
つーか、もはやせんべいの話がどっかいっちゃってるし。

こんな精神年齢低すぎる猫田をみなさんどうか
菩薩の心で今後も見守ってやってください・・・。

19:01  |  祖母
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。